シンスプリント

  • ダッシュやジャンプが痛くて出来ない
  • ふくらはぎやスネの内側が痛む
  • 運動禁止と言われた
  • 休んでいても痛みがひかない
  • 運動を再開するとすぐに再発する

痛みを我慢してだましだまし動いていませんか?

休むと痛みが消えるからと安心していませんか?

放っておくと症状はどんどん悪化します。

早期に適切な治療を行えば必ず改善します!

豊中市の曽根整骨院にお任せ下さい。

 

シンスプリントとは | 豊中市 曽根整骨院

シンスプリントはランニングや部活などによる運動のオーバーユース(使いすぎ)でスネの内側に炎症を起こし痛みが出る疾患です。

発生しやすいのは部活などでの練習量が多くなる中学生・高校生、アスファルトや硬い地面を走ったりするランナーの方です。

ランニング、ジャンプ、など足関節の繰り返しの動きによって、ふくらはぎの内側や後面に疲労が蓄積し、足の筋肉の柔軟性が低下し、その結果、固くなった筋肉に引っ張られすねの骨に炎症が起き痛みとなります。

シンスプリントは主にランニングやジャンプの際に痛みが出ます。

悪化してくると歩くだけでも痛み、放っておくとスネの骨が疲労骨折する場合もあります。

その為、早期での治療が必要になります。

シンスプリント治療 | 豊中市 曽根整骨院

豊中市 曽根整骨院のシンスプリント治療はまず身体の歪みを矯正します。

なぜなら、シンスプリントが発症している場合は必ず身体が歪んでいます。

身体が歪むことで足にかかる体重のバランスが崩れ負担がかかりやすい状態となっています。

足に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく、骨盤から身体の歪みを戻すことで、身体全体のバランスが整い両足に良い体重がかかり、回復が早くなります。

骨盤の歪みを戻した上で、ずれた膝や足首の関節を矯正しないと、またすぐにずれてしまい、痛みが消えません。

炎症を起こしている箇所には直接特殊な電気を当てます。

トップアスリート達も導入している特別医療機器を使用し炎症を除去します。

豊中市 曽根整骨院のシンスプリント治療では患部だけでなく、身体全体の歪みを根本から治療することで、早期回復と再発しにくくなります。

シンスプリント お家で出来ること |豊中市 曽根整骨院

シンスプリントのケアとして日頃からご自宅で出来る事は、まずアキレス腱のストレッチ、そして患部を冷やす(アイシング)が有効です。

ただすでに実施している方もたくさんおられます。

豊中市曽根整骨院でおすすめしているのは竹踏みです。シンスプリント,足,足底筋膜炎,痛み,茨木市,新庄町整骨院

ストレッチ、アイシングに加えてやって頂くと非常に有効です。

シンスプリントの原因となる筋肉は足の裏まで付いています。

アキレス腱のストレッチだけでは柔らかくはなりません。

また、シンスプリント以外にも足底筋膜炎や足のむくみ・疲れ、足首の捻挫後などにも効果があります。

今では100均でも売っています。ぜひ試して下さい。

詳しくは豊中市曽根整骨院にお問い合わせ下さい。

LINE、メール、お電話でご相談下さい。