スポーツ障害・外傷 機能向上

  • 常にどこかに痛みを感じている
  • 捻挫や肉離れがクセになっている
  • 疲れやすい、疲れが抜けにくい
  • 成長痛だから仕方ないと言われた
  • パフォーマンスが向上しない

子どもから大人までスポーツを楽しむ上で常にケガとは隣り合わせにあります。

だからこそケガをした時は早期に的確な治療をし、早期回復が必要です。

また、正しい身体のケアをすることでケガをしにくい身体づくりをしましょう。

スポーツ障害・外傷に悩まない身体づくりを | 豊中市 曽根整骨院

スポーツには様々なケガがあります。

骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ、他にも特有のスポーツ外傷、野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、腱鞘炎、鼠径部痛、成長痛(オスグッド)、腰椎分離症、ランナー膝、ジャンパー膝、シンスプリント、セーバー病、足底腱膜炎、etc…

スポーツに関連するケガはこのようにたくさんあります。

ケガをした際には早期に正しい治療を受ける必要があります。

正しい治療を受けていないとケガの再発、また別のケガにつながる可能性があります。

ケガをした際には、痛みからの動きの制限、崩れや、ケガの際の衝撃などで、必ず関節が歪みます。

関節の歪みはケガをした周囲に限らず、かばう動きにより全身に波及する場合があります。

豊中市の曽根整骨院ではケガをした周囲はもちろん全身矯正を行い、バランスを整えることで早期回復、ケガの再発予防、パフォーマンスの向上を行います。

ケガは起こるべくして起きている?! | 豊中市 曽根整骨院

接触によるケガを除き、ほとんどのケガには原因があります。

その原因とは、身体の歪みです。

身体の歪みがあることで左右の筋力バランスが崩れ、下半身には体重のかかり方が崩れます。

上半身では左右の引っ張りが崩れます。

その崩れが蓄積することで出現する痛みや、突発的な捻挫、肉離れにも繋がります。

また本来の力が発揮できず知らず知らずのうちにパフォーマンスが低下していることもあります。

豊中市の曽根整骨院の全身矯正でバランスを整え、ケガしにくい身体づくり、パフォーマンスの向上を実現しましょう!

ケガをした時の対処 |豊中市 曽根整骨院

ケガをした後の対処をどうするかで回復度合や時期が大きく変わってきます。

すぐに通院できないことも多くあると思います。ケガをしたらまずどうすれば良いかは知っておきましょう。

痛めた箇所はまず安静にすること。そして”冷やす”ことです。

出来るだけ保冷剤や氷水で20分程冷やしてください。

冷やすことで痛めた箇所の炎症の広がりや内出血、腫れを抑えることができます。

保冷剤や氷水がすぐに用意できない場合は、水道水を当て続けて冷やしてください。

初期の段階でしっかり冷やすことで、回復の仕方は大きく変わってきます。

もしケガをした後、どうすればいいか分からない場合、豊中市の曽根整骨院までお電話下さい。