腰の痛み ヘルニア

  • 朝の起き上がりや、立ち上がる時に痛くて辛い
  • ぎっくり腰になったことがある 繰り返し痛みが出る
  • お尻から足にかけて痛みや痺れがある
  • 腰が痛くて、趣味や仕事に支障がある
  • 検査をしても異常がないと言われた

腰痛でお悩みの方へ | 豊中市 曽根整骨院

一言で腰痛と言っても様々です。

レントゲンやMRIの検査で「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」「分離すべり症」「坐骨神経痛」など、原因と考えられる診断を受ける場合もあれば、異常なしとされる事も多くあります。

場合によっては手術を勧められる事もあります。

湿布や痛み止めでだましだましの生活をされている方も多いのではないでしょうか?

腰痛はケガなどの突発的な事態や疾患が関わっていない限り、日々の生活習慣が積み重なって引き起こします。

腰痛が身体の片側で発生している場合も同様です。

腰の片側だけが痛む人は、日常生活の中で片方の腰に負担が掛かって姿勢が崩れています。

物を取る時の癖で右側の腰ばかり捻る行動が一例です。

リュックの背負い方ひとつでも腰への負担が変わります。

肩掛けの鞄に比べてリュックは腰の負担が減りますが、背負い方で余計に負担が掛かります。

リュックを背負う時はストラップを短くして背中とリュックの間に隙間が出来ないようにして下さい。

曽根整骨院は身体の歪みを戻して痛みの原因を根本から治します。

豊中市の曽根整骨院ではどの様な腰痛でも多くの方が改善されています。

まずは一度ご来院ください。

腰痛の原因と治療方法 |豊中市 曽根整骨院

様々な病名がつく腰痛ですが、根本的な原因は骨盤の歪みです。

骨盤が歪むと腰に負担が掛かる事で神経に当たって痛みを引き起こします。

神経に当たるとお尻から足への痛みや痺れの原因になります。

また骨盤は身体の中心にあります。

骨盤が歪むと全身のバランスが崩れて様々な不調の原因になります。

豊中市の曽根整骨院では完全独自の骨盤矯正で歪みを根本から治療します。

骨盤を正常な位置に戻すと、腰の左右のバランスが整って、均等に体重が掛かります。

均等に体重が掛かれば、筋肉への負担が減って痛みがなくなります。

ぎっくり腰でも、慢性的な腰痛でも、必ず痛みの原因があります。

まずはご自身のお身体の状態を確認して、正しい治療を受ける事が大切です。

上記に思い当たればすぐにLINEにご連絡かご来院下さい。

ぎっくり腰になった時は |豊中市 曽根整骨院

ぎっくり腰のきっかけは様々です。

重い物を持った瞬間や、落ちている物を拾おうと屈んだ瞬間など、日常生活のあらゆる動作がきっかけになります。

ぎっくり腰になった時は早期治療が必要です。

すぐに曽根整骨院にご来院下さい。

すぐに来院が出来ない場合は、

痛みの出ている箇所を保冷剤や氷水で10分間冷やして下さい。

冷湿布も効果的です。

温めると痛みが強くなる事があります。

お風呂や、冬場ではホットカーペットやカイロなどで温めないで下さい。

骨盤を正しい位置に戻さないとぎっくり腰は再発します。

痛みが消えても歪みがあるとすぐに神経に当たって痛みをぶり返します。

ぎっくり腰は必ず治療が必要です。過去になっている場合も同様です。

ぎっくり腰はすぐに治療が行えるのか?と多くのお問合せもありますが、

曽根整骨院はすぐに治療が行えます。

早期に歪んだ骨盤を治療する事が早期回復、再発防止になります。

痛めた時はすぐにご来院して下さい。

ご不明点があればお問合せだけでも結構です。LINEや電話でご連絡して下さい。