成長期の痛み(膝・かかとetc)

  • 成長痛は仕方ないと諦めている
  • 痛みを我慢してスポーツを続けている
  • 走ると膝や踵が痛い辛い
  • レントゲンを撮っても異常が出ない
  • 早く競技に復帰したい
成長痛は仕方がないと放置していませんか?
原因の分からない痛みはありませんか?
痛みを我慢してスポーツを続けていませんか?

成長痛と呼ばれる痛みは必ず治療が必要です。

成長痛は膝やかかとに出る事が多い症状ですが、身体のどの箇所に痛みが出てもおかしくありません。

お子様の原因不明の痛みはありませんか?

それは成長痛の痛みかもしれません。

曽根整骨院の治療を受けて頂ければ必ず良くなります。

治療を行わずにスポーツを続けていると、成長障害や疲労骨折を起こしたり、骨が変形する事があります。

指導者の伝えている事が出来なかったり、パフォーマンスにも影響があります。

必ず早期に治療が必要です。

ゴールデンエイジと呼ばれる子供の運動能力や身体能力が一番発達する6歳から12歳頃までの期間に治療をしておくと成長障害などがなくパフォーマンスの向上に繋がります。

お子様が何か痛みなどを訴えればまずは豊中市曽根整骨院にご来院下さい。

お身体の状態・治療計画・スポーツ継続の可否についてなど、詳しく説明させて頂きます。

治療後、スポーツの動作やサポーターについても詳しく説明させて頂きます。

成長痛とは | 豊中市 曽根整骨院

成長痛にも様々な症状があります。

代表的なオスグッドと呼ばれる膝の痛みシンスプリント,足,痛み,茨木市,新庄町整骨院セーバー(シーバー)病と呼ばれるかかとの痛みがあります。

どちらも成長期特有の痛みになりますが、膝やかかと以外の場所に痛みが出てもおかしくありません。

これら成長痛は骨の成長期にダッシュやジャンプなど、繰り返し負荷がかかる事で筋肉が骨を引っ張って痛みを出します。

では成長期の痛みは仕方がないのか?

そんな事はありません。

お子様が原因の分からない身体の痛みを訴えておられたら放っておかずすぐにご相談、ご来院下さい。

豊中市 曽根整骨院の矯正治療が必要です。

痛みを放置していると、

・パフォーマンスの低下

・痛みの増強でスポーツの継続が困難

・骨の剥離(はくり)

・痛みをかばう事で引き起こす他のケガ

・成長の妨げ

など、悪化します。

成長期の痛みは何処の場所の痛みでも必ず治療が必要です。

豊中市 曽根整骨院に一度ご来院下さい。

成長痛の治療とは  | 豊中市 曽根整骨院

成長痛だからと、身体の痛みを放置していませんか?

成長痛はまず身体の歪みを治す根本治療が必要です。

痛みがある時は必ず身体が歪んでいます。筋肉は骨に付着しているので

身体が歪むと筋肉が引っ張られて柔軟性を失います。

成長痛の大きな原因は、筋肉が柔軟性を失っているからです。

曽根整骨院の治療で身体の歪みを正しい位置に戻して安定すれば筋肉に柔軟性が出て痛みが無くなります。

また身体の歪みを正しい位置に戻せば、本来そのお子様が持っている身体の成長を妨げる事はありません。

曽根整骨院では出来るだけ競技を休まないように治療を組み立てています。

根本から身体の歪みを正しい位置に治します。

曽根整骨院で身体の歪みの治療を行う事で再発の防止と、競技のパフォーマンスが

向上します。

必ずお子様の身体がどう歪んで痛みが出ているのか説明をさせて頂きます。

まずは豊中市の曽根整骨院にご来院下さい。

LINEでのご相談も受け付けています。