産前・産後骨盤矯正

  • 妊娠中の肩こり、腰痛、むくみ
  • 出産への不安
  • 産前産後治療をどうすればいいか分からない
  • 出産後、体型が戻らない
  • 歩きづらい、身体が固くなった

妊娠中や出産後はホルモンバランスの変化や出産に向けた骨盤の変化から妊産婦さん特有のトラブルが起こります。

ホルモンの影響で関節が緩くなっているために無理は禁物です。

妊娠・出産を通して骨盤は開き、左右のバランスが崩れ歪みます。

出産後、開いた骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、筋力の低下や、左右のバランスの崩れから正常な位置に戻らなくなる場合があります。

すると、体型の変化や、身体の様々な不調に繋がり、産後の骨盤矯正が必要になります。

豊中市の曽根整骨院では産後の骨盤矯正はもちろん、妊娠中である産前からの骨盤矯正をオススメしています。

産前骨盤矯正とは | 豊中市 曽根整骨院

 最近では産後の骨盤矯正が必要ということは広く知られるようになりました。

しかし、産前の骨盤矯正も必要であり、出来るということ、またその効果についてはご存知ない方がたくさんいらっしゃいます。

では、産前の骨盤矯正をしておくことでの効果とは・・・

  • 出産がスムーズだった
  • 妊娠中の肩こり、腰痛改善
  • むくみ・こむら返りの改善
  • 歩きやすくなった
  • 産後の骨盤、スタイルが戻りやすい

などのお声を頂いています。

妊娠中のお身体は非常にデリケートです。

治療方法も限られています。

豊中市の曽根整骨院では、妊娠初期(安定期)から出産直前まで治療出来ます。

もちろん産後の骨盤矯正もしています。

産後の骨盤矯正はいつから? | 豊中市 曽根整骨院

出産時には必ず骨盤が開きます。

開いた骨盤は産後、自然に戻る力が働きますが、ほとんど正しい位置に戻ることはありません。

それは妊娠中の姿勢の悪さや左右のバランスの崩れ、運動不足による筋力低下などが原因です。

その為、産後骨盤矯正が必要になります。

では、いつから産後骨盤矯正をすればいいでしょうか?

それは、普通分娩、帝王切開ともに”2ヵ月”です。

産後は上記の期間をかけて開いた骨盤を自らの力で戻そうとします。

この期間に外部から力を加えて矯正をすると歪みが不安定になり、痛みが消えないことがあります。

その為、豊中市の曽根整骨院には普通分娩、帝王切開ともに2ヵ月経過してからご来院ください。

来院出来ない産後2ヵ月は骨盤ベルトで必ず固定をして下さい。

固定をしないと出産で開いた骨盤に負荷が掛かって歪みが強くなったり、痛みが出る原因になります。

産前産後のお身体の悩みは、豊中市の曽根整骨院にご相談ください。